1万円 金策

1万円を金策して急場をしのぎたい!

アルバイトで1万円稼ぐ
【参考:1万円借りたい

 

「給料日まえに手元のお金が底をついてしまった!1万円あれば何とか生きていける」ということもあるでしょう。1万円の金策が必要なとき、どのような方法が選択できるでしょうか?

 

ココでは1万円を借りたい時の金策のやり方について触れていきたいと思います。

 

1万円の金策、どこで借りる?

1万円あれば給料日まで乗り切れるならば、金策によって何とかしのぎたいものですが、1万円貸してくれる先と言えば次のような所が挙げられますね。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社カードローン

上記の内、はじめて申込みして即日で借りられる可能性があるのは銀行か消費者金融と言えます。信販会社の審査は消費者金融同様に早いですが、融資までに時間が掛かる場合が多いです。

 

そのため、一般的には1万円の金策で利用する金融機関と言えば銀行あるいは消費者金融となるでしょう。

 

1万円借金したいなら銀行と消費者金融のどっちが便利?

1万円を金融機関で借金するなら、銀行と消費者金融のどちらが便利なのでしょうか?特にお財布の中身がわずかという場合には、今すぐ現金が欲しいものですよね。

 

そんなとき、利用する金融機関の選択に迷った場合は消費者金融をおすすめします。消費者金融は銀行よりも金利は高めですが、少額融資を得意としている金融機関なんです。

 

至急1万円が必要という時に、審査に時間が掛かり申し込みから数日してやっと借りられるというのでは便利とは言えませんよね。

 

大手のキャッシングサービスでは少額融資の他にも即日融資も得意としているんです。

 

1万円の借金なら金利の違いも問題ナシ

どうせ借りるなら低金利の金融機関で借りたいと誰もが考えると思います。それでも少額を金策するなら金利の違いを気にする必要はないと言えるでしょう。

 

少額融資の場合、どこで借りるにしても最高金利が適用されるのが普通です。銀行と消費者金融の最高金利は平均すると次のようになっています。

  • 銀行の最高金利:14.0%
  • 消費者金融の最高金利:18.0%(プロミスのみ17.8%と最も低金利)

 

このように両者の最高金利には4.0%の差がありますが、例えば30日間1万円借りた場合の利息は以下のようになります。

  • 銀行:1万円×14.0%÷365日×30日間=115円
  • 消費者金融:1万円×18.0%÷365日×30日間=147円

 

銀行は低金利、消費者金融はそれよりも高めという認識があるため、「借金するなら銀行」という概念を持っている人も多いと思いますが、1万円という少額キャッシングならば金利の差を気にする必要はないと言えますね。

 

両者の利息の差32円を惜しんで即日融資が難しくても銀行で1万円を借金するか、金利差が32円ならば即日で現金を借りられる可能性がより高い消費者金融で借金するかは、利用する人の考え方次第かも知れませんね。

 

ただし至急の金策ならば、消費者金融の利用を選択して32円を余計に支払う価値は大いにあると言えるでしょう。

 

金策即日

page top