無職 金策

無職の人がお金を金策する事は可能なのか検証

無職でお金がなくて困った・・・
一人暮らしの人には余りいないと思いますが、親と同居している人なら無職という人もいるでしょう。家事手伝いという人も多いかも知れませんが、金融機関では無職という分類になってしまいます。

 

また専業主婦の人も金融機関では無職の扱いになるため、「総量規制」という法律が施行されてからは消費者金融などのキャッシングサービスで収入のない専業主婦の利用は難しくなっているんです。

 

ところで無職の人が金融機関で借金することは可能なのでしょうか?以下で無職の人の金策について書いていきますね。

 

無職の人の金策は可能?

無職あるいはニートの人が誰にも頼らずに自分で金策に走ろうとするとき、果たして借入れは可能でしょうか。

 

金額はそれほど多くなくても毎月安定した収入を得ている人なら銀行や大手の消費者金融でも借金は可能です。このような人が今すぐ金策したいならば即日融資が得意な人気のキャッシングサービスがおすすめです。

 

ですが、ニートの状態にある人が銀行や有名な消費者金融で金策しようとしても、高い確立で審査に通ることができないでしょう。

 

残念ですがそれが現実であり、お金を貸す側も返済できる可能性が低い人に融資はできません。

 

無職の人が人気のキャッシングサービスで借金する方法

無職の人が口コミでも人気のあるキャッシングサービスで借金するには、次のようなことを実践する必要があります。

  • アルバイトやパートを始めてみる
  • 実家にいる場合は家族との同居を続ける
  • 始めた仕事を一定期間続ける

 

上記のように人気のあるしっかりとした金融機関で借入れをするには、まず働いていることが大前提となるんです。

 

またアルバイトを始めたことで一人暮らしを始めたいと思うかも知れませんが、一定期間働いて生活の基盤ができるまでは、実家にいる人は家族との同居を続けていた方が審査に通りやすい傾向にあるようです。

 

また一定期間働くということは、勤続年数がキャッシング審査では重要になるためです。借入れの申込みをするなら「一定期間働いた実績を作ってから」というのがおすすめとなります。

 

専業主婦が借金する方法

専業主婦が金融機関で金策を希望する場合、総量規制が適用されない銀行なら利用可能となっています。また消費者金融での借金は現状では大手ではムリですが、街金では一部条件つきで利用可能です。

 

専業主婦が安全でかつ有名な消費者金融で借金したいという場合は、パートなどの仕事を始めてみると良いでしょう。

 

ヤミ金の利用は避けるべき

ニートの人は今のままでは安全なキャッシングサービスで借金することが難しいため、ヤミ金なら借りられると思う人もいるでしょう。

 

確かにヤミ金ならば親と同居している無職の人ならばお金を貸してくれるかも知れません。それはもし返済できなくても親に取り立てをすればいいと考えているからです。

 

それでも結局は親に迷惑を掛けることになりますし、借りた本人はそれ以上に怖い思いをすることでしょう。また高金利でお金を貸しているヤミ金では借りたお金より利息の方が大きくなることも普通にあります。

 

ヤミ金でお金を借りることは避けてアルバイトなどの仕事に就き、自分の力で返済できるようになってから大手の消費者金融での金策を考えることをおすすめします。

page top