学生 金策

学生やアルバイトや未成年が金策する手段を解説

学生や未成年、アルバイトの人が金策する方法
学生であってもサークルや友人との付き合い、または生活費や学費を自分で捻出しているなどでお金が足りなくなることもありますよね。

 

学費や生活費については既に奨学金を利用している人もいると思いますが、それでも資金が不足するときもあるでしょう。

 

社会人とは違う使いみちであっても、今すぐ金策により現金を用意したいと思うのは同じですね。

 

そんな時に必要なお金を作るにはどうしたら良いのでしょうか。学生でも金融機関から借金することは可能なのでしょうか。

 

学生が金策するとき利用可能なのはどこ?

資金が不足して困っていても学生が自分だけの力でお金を借りることはできないと思っている人は少なからずいると思います。

 

それでも安心して借りられる金融機関で学生がお金を借りることは可能なんですよ。
学生が利用できる金融機関には以下のようなところがあります。

  • 銀行のカードローン
  • 大手消費者金融のカードローン
  • 街金のカードローン
  • 学生ローン

【参考:派遣のバイトでも学生ローンの利用はできる?派遣のバイトでも学生ローンの利用はできる?-学生ローンなるほど

 

上記の中で何処のローンを利用するかは利用する人の年齢によります。学生ローン以外は20歳以上である必要がありますが、学生ローンは高校卒業以上の18歳でも利用可能です。

 

以下では具体的な学生の金策のやり方について解説していきます。

 

学生の金策でもアルバイト収入は必須!

学生であっても金融機関からお金を借りるには「収入があること」が必須となり、それは18歳以上から利用可能な学生ローンであっても同じことです。

 

毎月一定の安定した収入があれば利用できる学生のローンですが、その中で銀行では学生ということで審査が特に厳しくなる可能性があります。

 

そうなると金策に利用しやすいのは消費者金融か学生ローンとなるでしょうね。ところで消費者金融と学生ローンで違いはあるのでしょうか?
以下で説明しますね。

 

消費者金融と学生ローンは基本的に同じ

消費者金融は貸金業法という法律に沿った営業をしていますが、学生ローンも実はそれと全く同じシステムになっているため、基本的には両者とも同じと言えるんです。

 

そのため、銀行以外で個人が借金できる金額の総額は「年収の1/3以内」となります。

 

それでは消費者金融と学生ローンのどちらで必要な現金の工面をしたらいいのでしょうか?それぞれのメリットとは何でしょうか?

 

消費者金融のメリットは?

消費者金融を利用するメリットは以下のようなことがあります。

  • 比較的多くのお金が借りられる可能性がある
  • 無利息期間が利用できるサービスがある
  • 申込み方法が多い
  • スマホからカンタンに申込めるアプリがある
  • 申込みに必要な書類が少ない(運転免許証あるいは健康保険証など)

  • コンビニATMで自由に借入れや返済が24時間可能

 

上記のように特に大手の消費者金融には申込み方法にインターネットや電話だけでなく郵送などの方法も選択できるようになっていて、中には在籍確認の電話を書類で済ませることができる「Web完結申込み」が利用できるサービスもあるんです。

 

またコンビニのATMでいつでも借入れや返済ができるのもポイントが高いと言えますね。

 

学生ローンで金策するメリットは?

学生ローンのメリットは次のようなことが挙げられます。

  • 20歳未満でも借金できる
  • 大手の消費者金融より金利が低め
  • 卒業後も利用可能

 

学生ローンのメリットとして挙げられるのは以上の2つとなります。18歳や19歳の学生ならばコチラの利用しか選択肢はありませんが、20歳以上ならばどちらも利用可能となります。

 

ただし、学生ローンでも契約の際に必要書類を画像として送信することが可能ですが、学生証や免許証(免許証がなければ保険証など)やキャッシュカードや公共料金の領収書なども送信する必要がある場合もあり、消費者金融と比べると提出の書類が多いことはデメリットと言えるでしょう。

 

また振込みによる借入れも可能ですが、カードが発行されて消費者金融のようにカードローンとしての利用もできます。

 

ただしATMは店舗内にしかないため、金策が必要なときに消費者金融のように近所のコンビニATMで自由に借入れや返済をすることはできません。

 

学生ローンは卒業後も利用できるため、金融業者では社会人の予備軍としての顧客を取り込む狙いも見えますが、それでも最大で10万円が借入れの限度となっていることが多いんですよね。

 

それに比べて消費者金融の方ではそれよりも多い金額を借金できる可能性が高いことから、大手の消費者金融の方が利便性は高いと言えますね。

 

page top